TripAdvisor (トリップアドバイザー) DEAR.

ビットコイン〈仮想通貨〉ウォーカー:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村





げん玉は、無料でサクサクお小遣い稼ぎができるポイントサイトです。
貯まったポイントは、現金はもちろん、電子マネーやビットコインにも交換できます。o(*^▽^*)o♪














ブロックチェーンで地域活性化の動き「電子藩札」~「エンデの遺言」

21世紀初頭、地域創成の一環として、地域通貨ブームが日本各地に広まりましたが、構想や社会システム、あるいはテクノロジーの問題で、うまくいかず、ほとんどの通貨が、失速してしまいました。
地域通貨ブームのきっかけとなったのは、1999年にNHK-BSで放映された「エンデの遺言」という番組です。


オワコンになってしまったと思われる地域通貨を江戸時代に流通した「藩札」のしくみとブロックチェーンによって蘇らせようとしている会社があります。

「藩札2.0」の夢──ブロックチェーン×地域通貨は地域格差を解決するのか
株式会社Orb(CEO:仲津正朗)>>>https://imagine-orb.com/

江戸経済を支えた.jpg
江戸経済を支えた特殊な貨幣制度「藩札」

ブロックチェーンの魅力といえば「脱中央集権」であり、「地方分権」というイデオロギーとも合致したシステムです。分散型のシステムであるからこそ、中央政府にコントロールされることなく、その地域ならではの経済圏を構築していくことができるというわけです。

しかし、実はそれはすでに江戸時代に構築されていたと言っているのが、Orb(オーブ)のCEO、仲津正朗氏です。

「インターネットがメディア格差を解消したように、インターネット以来の革命的な技術といわれているブロックチェーンは、経済格差を解消する役割を担います。地方におけるコミュニティー経済を活性化するため──ぼくらが電子版藩札と呼んでいるソリューションを提供していくことが、経済格差の解消につながると考えています」Orb(オーブ)CEO:仲津正朗氏

>>仮想通貨始めるならビットフライヤー

10数年前は、地域通貨というシステムが定着しなかった地域も多かったわけですが、新たなテクノロジーの進化で環境は着実に変化しています。

今、すでにオワコンとなってしまったと思われている地域通貨ブームから学ぶことは、多いように思います。大切なのは、地域通貨の目的と戦略を明確に、そして、シンプルにとらえなおしてみることだと思います。

地域創成の手段としての地域通貨は、まだまだこれから先の可能性があるように感じられます。



〉〉〉TripAdvisor (トリップアドバイザー)


>>>最近、金運落ちてませんか?

>>>モバトク


>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!






ビットコインを集める方法として、げん玉などのポイントポータルサイトに登録して、貯まったポイントをビットポイントにコツコツ貯めていくという方法があります。ポイント交換なら高いか安いかをあまり気にせず貯めれるのではないか、と私は思い、チマチマ貯めています。ビットコインなら少額から交換できるのもうれしいですね。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】


★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust
★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ハードウェア型ウォレット「TREZOR(トレザー)」

amazonで注文していた「TREZOR(トレザー)」が手元に届きました。

DSC_0261.JPG


保有しているビットコインを安全に保管する方法についてお悩みの方も多いと思いますが、PCやスマホのアプリだけで全てのビットコインを管理していたことに不安を持っている方は、ぜひ持っておきたいハードウェア型のコールドウォレットです。

オンラインサービスに置きっぱなしのビットコインは何の保証もありませんし、自分で管理するPCやスマフォのウォレットも、インターネットにつながっている限りは常にハッキングの危険に晒されていると考えられるからです。

>>>仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン実施中】

TREZORは、とっても小さなデバイスとは聞いていましたが、想像以上に小さかったので、ちょっとびっくりです。世界100カ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットで、最も有名なものです。電源はいりません。USBでPCに接続するだけ。

TREZORにビットコインを送金して、PCから取り外して保管しておけば、ウィルスやマルウェア、キーロガーからのアタックに晒されることがありません。

TREZORが飛んでしまったときのリカバリーの方法は、最初に設定される24個のwordを入力するという方法になっていて、その方法は、上の写真に写っている小さな紙(RECOVERY SEED)に手書きで書き留めて保存(オンライン上には残りません)することになっています。一言一句、手書きで書き留めていくので結構大変ですが、厳重なセキュリティだと思います。この小さな紙(RECOVERY SEED)をなくしてしまったら、お手上げですが、そこは自己責任、金庫など、カギのかかる場所で厳重に保管してください。

設定が終われば、使い方は、いたって簡単。たった2つのボタンでビットコインを安全に使用・保管ができるようになります。



ビットコインハードウェア型ウォレット「TREZOR(トレザー)」は、昨今では、日本のユーザーの間でも有名になり、Amazonでも購入可能です。

Amazonで買い物をされる方は、ちょっと最初だけ手間ですが、「アマテン」でギフト券購入すると割安でお買い物ができます。
ビットコインハードウェア型ウォレット「TREZOR(トレザー)」「アマテン」を使って購入しました。

>>>amazonギフト券が最大20%OFFで購入できる「アマテン」

普通に買うより確実に安く買い物ができるので、私は以前からよく利用しています。「アマテン」はビットコインやモナコインも使える格安ギフト券売買サイトです。あまったビットコインをちょくちょく「アマテン」でギフト券に替えて使っています。

ビットコインでのチャージで注意する点としては1万円以上の場合本人確認が必要となることです。本人確認をせずに1万円以上ビットコインやモナコインでチャージしようとすると途中から画面が先に進まなくなるので注意してください。

0036.jpg


また、ビットコインは価格変動が激しいので、チャージ申請からチャージの期限が短いのも要注意です。amatenのチャージの場合、チャージ申請したその時のビットコインの価格でチャージ額が決定され、チャージ完了後、日本円に換金されて残高に反映されます。





banner_05-33b1bc2b661b354cae37ffaeb1daf1d6.png



>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!






ビットコインを集める方法として、げん玉などのポイントポータルサイトに登録して、貯まったポイントをビットポイントにコツコツ貯めていくという方法があります。ポイント交換なら高いか安いかをあまり気にせず貯めれるのではないか、と私は思い、チマチマ貯めています。ビットコインなら少額から交換できるのもうれしいですね。

★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust
★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

【免責事項】
当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。
また内容によっては、情報が古い、あるいは間違っている可能性もあります。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。