So-net無料ブログ作成
検索選択

いまさら聞けないICO(Initial Coin Offering)

ここ最近、よく耳にするようになった仮想通貨のICOですが、これは、Initial Coin Offeringの略で、新しいコインを発行し、投資家に向けて販売することです。

ご存知の方も多いと思いますが、株の世界では、「未上場企業」が、株式を“新規”に証券取引所に上場し、投資家たちに、株を売り出すことをIPO(I=Initial(最初の)、P=Public(公開の)、O=Offering(売り物))と言います。これになぞらえて、仮想通貨の世界では、新規にコイン(トークン)を売り出すことをICO(Initial Coin Offering)と言います。

ICOの目的は、株のIPOと同様、企業やプロジェクトが資金調達する際に暗号通貨やブロックチェーン上でトークンを発行し、一般の投資家に向けて販売することで資金調達をしようというものです。

そして、上場前に投資家に一部トークンを割り当てることを「クラウドセール」とか「プレセール」
などと呼ばれています。

そして、2017年は、仮想通貨元年であると同時に、ICOブーム到来の年といわれるくらい、ありとあらゆる通貨が誕生しています。

中でもイーサリアムベース(ETHを使って購入する)のものが多く、クラウドセール数時間で予定数量完売というトークンもあり、かなりの過熱ぶりです。クラウドセール参加のためには、まず、イーサリアムを購入しなければいけませんから、イーサリアムはますます騰がるという展開になっているわけです。

>>>日本最大手の取引所「ビットフライヤー」が日本円から直接イーサリアムの売買が可能な「イーサリアム販売所」をオープン!お買い求めやすくなりました。

ICOは多くの株のIPOのように、取引所に上場できればプレセールの価格よりも高騰するので、期待値が高く、資金が集まりやすいと言われていますが、昨今のIPOの傾向として、中には公募価格割れということも無きにしもあらず、人気が出なければ、売るにも売れない、というトークンも必ずあります。やはり、投機であることには間違いないようです。

最近話題になっているのは、イーサリアム(ETH)を用いたICOで、3時間で167億円相当を調達した「Bancor Protocol」(バンコール・プロトコル)です。

e70dc06cb3face2aaab3174fbb6a6d0f.jpg


バンコール(bancor)とは、1940年から1942年にジョン・メイナード・ケインズとエルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが提案した超国家的な通貨のことを言う。第二次世界大戦後に世界経済を安定させるため、英国がブレトン・ウッズ会議でバンコールの導入を公式提案したが、アメリカ合衆国の合意をとりつけることができず、実現には至らなかった。 – バンコール(Wikipedia)

バンコール・プロトコルは、1940年から1942年にかけてケインズとシューマッハにより提唱された「バンコール」のアイデアが元で、すべての経済交換・貿易が、「世界の中央銀行としての精算プロトコル」として稼働させるという壮大な構想に基づいています。
いかにも、今後期待できそうなトークンですが、一部には、「バンコールがtheDAOのようにイーサリアムを下げ、市場を混乱させる可能性がある。」との見解も出されています。というのも「バンコール」には発行上限がないというのが大きなネック(値上がりを期待する投機筋にとって)となっているからだそうです。

この問題の連鎖から「バンコール」が売られ、連鎖でイーサリアムが売られ、連れ安で仮想通貨市場全体が大暴落!との予測もささやかれています。

ビットコインは、ハードフォーク(分裂)懸念から、今後は下げ、と見ている向きも多く、イーサリアムなら安心。今後、ビットコインの資金が流れ込んでくると期待している方もいらっしゃると思いますが、イーサリアムさえ、ガタついてくると、総崩れという恐ろしいシナリオも現実のものに...。

今日のビットコイン相場は、3万円を超える大下げ、イーサリアムも下げています。ビットコインはともかく、イーサリアムの方は、ETHを使ったICOブームが続く限り、もうしばらくは、バブってほしい、と願ってはいるのですが。今日の下げも一時的なものであってほしいです。

バブルもいつかは終わります。このバブルは、いつまで続くでしょうか?
https://blog.bancor.network/a-historic-token-generation-event-tge-f446110f3b1c

>>>日本語で登録できるビットコインのデビットカード「Wirex」お申し込みはこちら



アマゾンで買い物をされる方は、アマテンでギフト券を使って購入すると割安でお買い物ができます。よく買い物をされる方は、まとめて、ビットコインをチャージして、ギフト券を購入しておくというのもいいでしょう。ビットコインでのチャージで注意する点としては1万円以上の場合本人確認が必要となることです。本人確認をせずに1万円以上ビットコインやモナコインでチャージしようとすると途中から画面が先に進まなくなるので注意してください。

★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust

★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!

>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!



ビットコインのデビットカード「Wirex」が、WEBページで日本語でも難なくカードが作れるようになっています。WEBページに行ってみれば、お気づきになると思いますが、ちょっとぎこちない日本語のガイダンスになっていますが、それでもカードは作れてしまいます。ちなみに対応通貨は、USDかEURかGBPですが、日本のコンビニATMで換金されて日本円での出金は可能です。もちろん、VisaDabitとして、普通に日本のお店で使えてしまいます。

84fe1b08-s.jpg

※言葉の壁のストレスなく、ビットコインデビットカードが作れてしまいます(^^)/。日本は市場としては有望視されているんでしょうね。
>>>日本語で登録できるビットコインのデビットカード「Wirex」お申し込みはこちら



nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ビットコインの取引順次解除・・・ハードフォーク問題はどうなった?

ビットコインの取引停止、順次解除 日本の取引所13社
仮想通貨交換業者の業界団体・日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は7月24日、加盟する取引所13社が23日から停止していた、ビットコインの受け入れ・引き出しを順次再開すると発表した。23日に発生を懸念していた、「(ビットコインの取引を記録する)ブロックチェーンの運用に支障を来す分岐」が確認されなかったためという。
Yahoo!Japan ニュース 7/24(月) 18:11配信

Bitcoin.jpg


ビットコインが、2つに分裂してしまう?ハードフォーク問題。ほとんどの方には、なんのこっちゃ?って、チンプンカンプンな話ですが、先週は、日経新聞をはじめ、各一般紙にも取り上げられ、仮想通貨投資をしていない一般の人の間でも、ビットコインの話題が出るようになりました。

これで、ビットコインの知名度もグッと上がったのではないかと思いますが、「取引停止」とか言われて、あまり良いイメージではなかったかもしれませんね。

相場の方も上がったり下がったり、忙しかったですね。

ハードフォーク問題は、いったんの終息ムードですが、実際、この先、どうなるかは、誰もわかりません。
私は、新しく生まれると言われるビットコインキャッシュをもらうため、駆け込みで、ビットフライヤーでBTCを買い増ししました。駆け込みと思ったのですが、取引所は順次、取引を再開していくみたいですね。

>>>仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】

今回の騒動で、ハードフォークネタで、相場が大きく動くということだけは確認できました。まだまだ、この問題は解決したわけではないので、このネタが出るたびに、大きなボラタリティになるのではないか、そのチャンスに乗じて、一儲けを考える輩も出てくるのではないかと思います。

>>>日本語で登録できるビットコインのデビットカード「Wirex」お申し込みはこちら



アマゾンで買い物をされる方は、アマテンでギフト券を使って購入すると割安でお買い物ができます。よく買い物をされる方は、まとめて、ビットコインをチャージして、ギフト券を購入しておくというのもいいでしょう。ビットコインでのチャージで注意する点としては1万円以上の場合本人確認が必要となることです。本人確認をせずに1万円以上ビットコインやモナコインでチャージしようとすると途中から画面が先に進まなくなるので注意してください。

★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust

★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!

>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!



ビットコインのデビットカード「Wirex」が、WEBページで日本語でも難なくカードが作れるようになっています。WEBページに行ってみれば、お気づきになると思いますが、ちょっとぎこちない日本語のガイダンスになっていますが、それでもカードは作れてしまいます。ちなみに対応通貨は、USDかEURかGBPですが、日本のコンビニATMで換金されて日本円での出金は可能です。もちろん、VisaDabitとして、普通に日本のお店で使えてしまいます。

84fe1b08-s.jpg

※言葉の壁のストレスなく、ビットコインデビットカードが作れてしまいます(^^)/。日本は市場としては有望視されているんでしょうね。
>>>日本語で登録できるビットコインのデビットカード「Wirex」お申し込みはこちら



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

ビットコインで購入できる
日本最大電子ギフト券売買サイト
「amaten」