So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロックチェーンで地域活性化の動き「電子藩札」~「エンデの遺言」

21世紀初頭、地域創成の一環として、地域通貨ブームが日本各地に広まりましたが、構想や社会システム、あるいはテクノロジーの問題で、うまくいかず、ほとんどの通貨が、失速してしまいました。
地域通貨ブームのきっかけとなったのは、1999年にNHK-BSで放映された「エンデの遺言」という番組です。


オワコンになってしまったと思われる地域通貨を江戸時代に流通した「藩札」のしくみとブロックチェーンによって蘇らせようとしている会社があります。

「藩札2.0」の夢──ブロックチェーン×地域通貨は地域格差を解決するのか
株式会社Orb(CEO:仲津正朗)>>>https://imagine-orb.com/

江戸経済を支えた.jpg
江戸経済を支えた特殊な貨幣制度「藩札」

ブロックチェーンの魅力といえば「脱中央集権」であり、「地方分権」というイデオロギーとも合致したシステムです。分散型のシステムであるからこそ、中央政府にコントロールされることなく、その地域ならではの経済圏を構築していくことができるというわけです。

しかし、実はそれはすでに江戸時代に構築されていたと言っているのが、Orb(オーブ)のCEO、仲津正朗氏です。

「インターネットがメディア格差を解消したように、インターネット以来の革命的な技術といわれているブロックチェーンは、経済格差を解消する役割を担います。地方におけるコミュニティー経済を活性化するため──ぼくらが電子版藩札と呼んでいるソリューションを提供していくことが、経済格差の解消につながると考えています」Orb(オーブ)CEO:仲津正朗氏

>>仮想通貨始めるならビットフライヤー

10数年前は、地域通貨というシステムが定着しなかった地域も多かったわけですが、新たなテクノロジーの進化で環境は着実に変化しています。

今、すでにオワコンとなってしまったと思われている地域通貨ブームから学ぶことは、多いように思います。大切なのは、地域通貨の目的と戦略を明確に、そして、シンプルにとらえなおしてみることだと思います。

地域創成の手段としての地域通貨は、まだまだこれから先の可能性があるように感じられます。



〉〉〉TripAdvisor (トリップアドバイザー)


>>>最近、金運落ちてませんか?

>>>モバトク


>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!






ビットコインを集める方法として、げん玉などのポイントポータルサイトに登録して、貯まったポイントをビットポイントにコツコツ貯めていくという方法があります。ポイント交換なら高いか安いかをあまり気にせず貯めれるのではないか、と私は思い、チマチマ貯めています。ビットコインなら少額から交換できるのもうれしいですね。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】


★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust
★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0



にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

ビットコインで購入できる
日本最大電子ギフト券売買サイト
「amaten」