TripAdvisor (トリップアドバイザー) DEAR.

いよいよ『法定デジタル通貨<CBDC(Central Bank Digital Currency)>』発行か!?:ビットコイン〈仮想通貨〉ウォーカー:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村





げん玉は、無料でサクサクお小遣い稼ぎができるポイントサイトです。
貯まったポイントは、現金はもちろん、電子マネーやビットコインにも交換できます。o(*^▽^*)o♪














いよいよ『法定デジタル通貨<CBDC(Central Bank Digital Currency)>』発行か!?

世界の中銀、法定のデジタル通貨発行へ実証段階に
【ロンドン=黄田和宏】世界の中央銀行が「法定デジタル通貨」の発行に向けて実証段階に入り始めている。スウェーデンの中銀は工程表を定め、発行の検討に入ると発表した。スマートフォン(スマホ)での決済など現金を使わない取引が急増し、各国中銀も電子化に対応した決済システムの構築を急ごうとしている。ビットコインなどの仮想通貨も存在感を強めるなか、中銀もデジタル通貨の発行に踏み出せば「金融の電子化」が急加速す...
2017/4/12 日本経済新聞 電子版


29a277d71a3d738077304284c8efc6de.jpg


>>>仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】

世界の中央銀行が「法定デジタル通貨<CBDC(Central Bank Digital Currency)>の発行に向けて実証段階に入り始めているようです。

電子マネーでの決済など現金を使わない取引が世界各国で急増し、各国中央銀行も電子化に対応した決済システムの構築が急務となってきている様相です。

そこには、ビットコインなどの仮想通貨の存在も大きくクローズアップされていますが、中央銀行がデジタル法定通貨<CBDC(Central Bank Digital Currency)>の発行に踏み出してくれば、「金融の電子化」が国ぐるみで急加速することが予測されます。

そうなると、“国の信用が裏付けされたデジタル通貨”とビットコインなど“無国籍”の仮想通貨との棲み分けが明確になってくるでしょう。

また、民間企業が運営する一般的な電子マネーの必要性も薄くなってきます。もちろん、ポイントやマイルの付与による魅力はありますが。

中央銀行がデジタル通貨<CBDC(Central Bank Digital Currency)>を発行するということは、日本円が、SUICAとかEdyとかWAONみたいになって、スマホで持ち歩けるというイメージでしょうか。

国としては、法定デジタル通貨が発行できれば、デジタルデータを操作して通貨の額面価値を減らしてマイナス金利を適用するなどの金融政策の柔軟度も高まるとされています。

その一方で、国民は「何をいつ売買した」という決済情報をすべて国に管理されてしまうことになってしまう怖さもあります。

この問題があるので、簡単には、<CBDC(Central Bank Digital Currency)>一本化にはならないと思うのですが。いずれこの流れは、NWO(新世界秩序)の一環としてやってくるのではないでしょうか?



〉〉〉TripAdvisor (トリップアドバイザー)


>>>最近、金運落ちてませんか?

>>>モバトク


>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!






ビットコインを集める方法として、げん玉などのポイントポータルサイトに登録して、貯まったポイントをビットポイントにコツコツ貯めていくという方法があります。ポイント交換なら高いか安いかをあまり気にせず貯めれるのではないか、と私は思い、チマチマ貯めています。ビットコインなら少額から交換できるのもうれしいですね。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】


★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust
★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

【免責事項】
当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。
また内容によっては、情報が古い、あるいは間違っている可能性もあります。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。