TripAdvisor (トリップアドバイザー) DEAR.

4月7日、今日からビックカメラ、ビットコイン決済を試験導入:ビットコイン〈仮想通貨〉ウォーカー:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村





げん玉は、無料でサクサクお小遣い稼ぎができるポイントサイトです。
貯まったポイントは、現金はもちろん、電子マネーやビットコインにも交換できます。o(*^▽^*)o♪














4月7日、今日からビックカメラ、ビットコイン決済を試験導入

ビットコイン対応26万店 ビックカメラなど導入 投資対象から決済へ
仮想通貨ビットコインを新たな決済手段として店舗に導入する動きが広がり始めた。ビックカメラは週内に都内2店舗でビットコインによる決済を開始。リクルート系も今夏をめどに26万店で利用できるようにする。投資が中心だったビットコインの利用が店舗での決済手段に広がる。訪日外国人を狙った動きだが、日本の消費者への普及につながる可能性もある。
2017/4/5 日本経済新聞 電子版


ビックカメラは、ビットコイン取引所のビットフライヤーと組んでビットコインによる決済システムを導入しました。

Screen-Shot-2014-09-06-at-23.04.04.png

★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】

4月7日、今日から旗艦店である有楽町店と新宿東口店では、ビットコインが使えるそうです。
今まで小さなお店でビットコインが使える店があるにはあったわけですが、大手チェーン店の導入は大きなインパクトになるのではないかと思います。

これは、増え続けている外国人観光客(特に中国人だと思いますが...)を意識した対応。利用動向を見ながらにはなりますが、他の店舗への展開を検討しているとのことです。
 
一方、リクルートライフスタイルはビットコイン取引所のコインチェックと組んで、Airレジでビットコイン決済をスタートさせます。すべてのAirレジ対応店が、ビットコイン決済を導入するかどうかはわかりませんが、Airレジ自体は、リクルート系だけで26万店舗あるそうで、導入するところが増えていけばこちらも大きなインパクトになりそうです。

ビックカメラとリクルートのビットコイン決済導入は、訪日外国人を狙った動き、と考えられますが、今後、日本の消費者がどう反応するかも注目です。

中国人のビットコイン使いも気になりますが、欧米では、ビットコインを使う人は増えてきているようです。海外ドラマの「ALMOST HUMAN / オールモスト・ヒューマン」 の中でもビットコインを使うシーンがよく出てきます。欧米ではもともと、クレジットカードをはじめとする電子決済の文化が進んでいて、ビットコインへの移行もあまり抵抗がないのでしょうか?


ALMOST HUMAN / オールモスト・ヒューマン DVDコンプリート・ボックス

日本では、マウントゴックスの破たんや怪しい投資話の横行で、ネガティブイメージが先行している部分もありますが、日経新聞の記事にも「投資対象から決済へ」とあるように、ビットコイン決済が普及していけば、日本の消費活動の中でも認知され、使われるようになってくれば、真のブロックチェーン社会の到来ですね。



>>>最近、金運落ちてませんか?

>>>モバトク


>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!






ビットコインを集める方法として、げん玉などのポイントポータルサイトに登録して、貯まったポイントをビットポイントにコツコツ貯めていくという方法があります。ポイント交換なら高いか安いかをあまり気にせず貯めれるのではないか、と私は思い、チマチマ貯めています。ビットコインなら少額から交換できるのもうれしいですね。

★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust
★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!

 
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

【免責事項】
当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。
また内容によっては、情報が古い、あるいは間違っている可能性もあります。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。