So-net無料ブログ作成
検索選択

MUFGコインはどうなるの?

三菱東京UFJ銀行とリップルの提携でRipple(リップル)(単位はXRP)が高騰しています。
一方で、三菱東京UFJ銀行といえは、独自の仮想通貨MUFGをこの秋リリースというニュースも伝えられています。

MUFG発行の目的は、

・送金手数料の引き下げ

・送金のスピードUP

・そのことによって利用者を増やす

ということにつきると思いますが、
yjimage.jpg

それなら、利用者が自分でRipple(リップル)を買って送金すれば、済むことで銀行はいらなくなります。また、ビットコインを使っても低コスト高スピードの決済ができてしまいます。

>>>ビットコインデビューは、ビットフライヤーで【キャンペーン開催中】

MUFGも今後、Ripple(リップル)の技術を取り入れてくると思うので、送金手数料は従来の銀行システムに比べて、格安なると思います。しかし、三菱東京UFJ銀行は手数料を乗せてくるので、Ripple(リップル)やビットコインよりは高くなるのではないでしょうか?
当然高くなるでしょう。それでないと銀行は生業としてやっていけなくなるわけですから。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、中央管理者がいないため、革新的とも入れる手数料の安さを実現できているわけで、誰もが仮想通貨で取り引きするようになれば、銀行がいらなくなるということです。

しかし、ビットコイン<仮想通貨>は今年が元年と言われ、まだ「怪しい」「危ない」というイメージが先行していまし、売買や送金の方法がわからない人も数多くいます。

だからこそ、信頼のおける銀行が、仮想通貨取引を利用者に代行してあげるかわりに手数料をいただく、という手数料商売に見えます。

そこで、MUFGコインですが、実際必要なのでしょうか?
ネットでも、MUFGコインについては、否定的な意見が多いようです。
>>>MUFGコインが多分こけると思う理由

しかし、私は簡単にはコケない、と思います。

・仮想通貨は、あくまでも自己責任なので、慣れていない人には不安

・ブロックチェーン技術を使いこなすための周辺技術がまだまだこれから

・法定通貨とのインターフェイスをとる仕組みやツール・サービス

と、いった面で、日本人が使いやすい環境が整っていないところに、日本の旧態の銀行が果たす役割があるのではないかと考えています。

コインを管理するウォレットやアプリ、ATMやスマホ、パソコンとの連携、デビットカードやクレジットカードとの紐づけなど、銀行が参入すべきサービス分野は数々あります。



MUFGコインをスマホで取り引きするアプリは、開発中だそうです。そのことによって銀行口座を開設をすることなしに、ATMでスマホを使って現金を引き出せるようになるということも考えられています。

銀行としては、銀行口座を持たないMUFGユーザーに対してのサービスも考えなければならない時代になりました。現在のATMだと、土日に現金を引き出すととられるATMの時間外手数料についても考え直していただきたいですね。






>>>最近、金運落ちてませんか?

>>>モバトク


>>>DMM.comならビットコインで支払いができてしまいます!






ビットコインを集める方法として、げん玉などのポイントポータルサイトに登録して、貯まったポイントをビットポイントにコツコツ貯めていくという方法があります。ポイント交換なら高いか安いかをあまり気にせず貯めれるのではないか、と私は思い、チマチマ貯めています。ビットコインなら少額から交換できるのもうれしいですね。

★仮想通貨ならビットフライヤー【キャンペーン開催中】
★簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
★ビットコインFXはビットバンク レバ最大20倍
★ビットコインの積み立てができるZaif(ザイフ)
★新種仮想通貨のクラウドセール参加をサポート Build-up trust
★げん玉を利用でビットコインに交換できるポイントが貯まる!

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

ビットコインで購入できる
日本最大電子ギフト券売買サイト
「amaten」